妊娠線 予防 クリーム ランキング

妊娠線を予防する効果的なクリームとは!?

楽しい妊婦ライフをお過ごしでしょうか。

 

赤ちゃんが順調に成長していて、体調が落ち着いていれば
毎日大きくなるお腹が愛おしく感じられると思います。

 

ただ、そのお腹に忘れてはいけないものがあります。
妊娠線の予防ケアです。

 

妊娠線は出来てしまうと消える事がありません。
出来てしまって後悔する前に妊娠線予防を行いましょう。

 

妊娠線ケアにはオイルとクリームどっちが良い?

いざ妊娠線予防となると
何を使えば良いのか悩んでしまいますよね。

 

種類も沢山ありますし
オイルとクリームの違いもあります。

 

では、オイルとクリームの違いとは何なのでしょうか。

 

まず、クリームは水分と油分を合わせた物なので
湿り気と油分を一緒に肌に取り入れる事が出来ます。

 

保湿効果はさらっとした物は低く、固めの物は高いです。
いつでも手軽にケアが行えるのがメリットです。

 

次にオイルですが、全て油分なので保湿力はとても高いです。

 

ただし、水分は全くない為お風呂上りに塗らないと
肌に湿り気がないままになってしまいます。

 

そしてべたつくので、使い心地を好まない方もいます。
ただし妊娠線の出来る真皮にまで浸透するのはオイルだけです。

 

クリームは表皮止まりなので、
妊娠線に効果的なケア用品はオイルと言えるでしょう。

 

オイルケアを行うのは妊娠4か月を目安に。

妊娠線が出来始めるのは
お腹が大きくなってくる妊娠6か月くらいから。

 

その前にオイルケアを行い
肌に柔軟性を持たせておく事が効果的です。

 

妊娠4、5か月くらいから行うのが良いでしょう。

 

妊娠中は痒みなど肌トラブルも起こりやすいので、
保湿がより有効になります。

 

妊娠線予防の為のオイルの塗り方

肌に弾力性を持たせる為にはオイルを塗るだけではなく、
マッサージをする事も重要です。

 

お腹は円を描くようにオイルを塗りこんでいきましょう。

 

特に妊娠線ができやすい下腹から脇腹は
下腹から脇腹にオイルを流すように優しく丁寧にマッサージをしましょう。

 

バストも円を描き、上部は下に向けて
下部は上に向けてマッサージをします。

 

乳腺を流す様なイメージで優しく行えば
妊娠線だけではなく出産後母乳の出が良くなる効果もあります。

 

ただし、お腹、胸はマッサージをし過ぎるとお腹の張りにも繋がるので、
あくまでも優しく行って下さい。

 

また、体調が悪かったり、お腹が多少でも張っている時は
マッサージを行わず軽くオイルを塗るだけにします。

 

また、体に負担がかからないように心掛けましょう。

 

見落としがちな太ももとお尻も忘れずに
ケアを行った方が良い箇所です。

 

脂肪が付きやすい場所なので
意外と妊娠線の出来やすいです。

 

下から上にリンパを流すような気持でマッサージを行えば、
足のむくみにも効果的があります。

 

心も体も健やかな妊婦生活を送りましょう。

マッサージを行えば、、、

 

「妊娠中に体重が増えたりお腹が大きくなる事により起こりやすい
リンパや血流の悪さ、浮腫みも改善」

 

体もそして心もリラックス出来ます。

 

ママの心のゆとりは赤ちゃんにも良い影響が。

 

妊娠線予防は、今の自分の体を見つめる
時間に繋がるかもしれません。

 

大事な赤ちゃんを育てている、あなた自身を
大事にして楽しい妊婦生活をお送りください。

妊娠線を予防するクリームとオイルどっちを買えばいいのかを紹介

妊娠線は一度できてしまうと消えないので、しっかり予防したいと
思っている妊婦さんも多いと思います。

 

でも、商品がたくさんありすぎて、、、

 

「どれを選べば良いのかわからない」
どうやって使うと効果的なのかと疑問に思うことはたくさんあるはずです。

 

そこで、今回は妊娠線を予防するクリームとオイルについて詳しくご紹介します。

 

妊娠線予防するために大切なこと

妊娠線というのは急激に大きくなるお腹に
皮膚がついていかない時に出来るものです。

 

また、乾燥が原因で出来ることもあります。

 

ですので、予防するにあたり何が大切なのかというと
「出来るだけこまめに保湿する」ということなのです。

 

そうすることで皮膚の伸びが良くなるのでお腹が急に
大きくなっても皮膚もしっかり伸びてくれますし乾燥もしないのです。

 

どのクリームを買えば良いのか

クリームタイプのものはたくさんあり、
値段も2,000円〜8,000円前後のものまであります。

 

値段が高ければ高い程、予防力が高いように感じるかもしれません。
この値段の差というのは配合されている成分でうまれています。

 

ですので、妊娠線の予防以外にもお肌の為に
ヒアルロン酸を入れていたりコラーゲンが入っていると高い傾向にあります。

 

ただ、予防クリームは消耗品なので、そこまで高額なものを
買うのは少しもったいない気がします。

 

3,000円くらいのものを購入したっぷり
こまめに塗るようにしていました。

 

また、たまに匂いがあるものがありますが
これはあまりおすすめしません。

 

というのも、妊婦さんは匂いに敏感ですし、
特につわり中は匂いで気分が悪くなることがあります。

 

無香料のものならいつでもどこでも使えるのでおすすめです。

 

このように妊娠線の予防のためにはいくつかのポイントがあります。
しっかりポイントを抑えて妊娠線を予防しましょう。

 

オイルで妊娠線予防を始めましょう

妊娠線に一番効果的なのは保湿なのです。

 

保湿をたっぷりすることでお腹の皮膚がやわらかくなり、
妊娠中も妊娠後も妊娠線に怯えることなく過ごせます。

 

保湿自体は化粧水やクリーム等もありますが、
一番伸びがよくて塗りやすいオイルはたっぷり使えて経済的です。

 

塗るタイミングとしてはお風呂上がりなど、
肌が湿って温かくなっていると伸びやすいです。

 

乾燥する前に手にたっぷりとってお腹に
円を描くようにマッサージしてあげます。

 

下から上へとたっぷりとオイルを使って
優しく愛情をもってマッサージすることがコツです。

 

そして見落としがちなのが、
お腹だけではないということなのです。

 

お腹はもちろん、お尻や背中にも出来ます。

 

手が届かないところは無理せずに塗るようにしないと、
身体に負担がかかるので気を付けましょう。

 

とにかく妊娠がわかったら、お腹が大きくなる前に
塗りはじめて、しっかりと予防をしましょう!

 

まとめ

妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長とともに
大きくなるのが、お腹です。

 

いきなり大きくなるお腹に皮膚が耐えきれないのと、
乾燥等によって出てくる妊娠線…

 

しかも一度出来てしまうとお金をかけたり、病院等で薄める事は
出来ても消えない妊娠線は一生ものです。

 

予め予防をしておかないと、出産後も
妊娠線は消えずに悩みの種となります。